長原東地域 防災研修

 2月24日(日)長原東地域活動協議会では、和歌山県有田郡広川町の「稲むらの火の館」にて、防災研修を実施した。

 「稲むらの火の館」は安政の大地震の際、その命の火で津波から、多くの村人を救った濱ロ梧陵の偉業と精神、教訓を学び受け継いでゆくための施設で、濱ロ梧陵記念館と津波防災教育センターからなる。

 帰りのバス車内では、復習の防災クイズがあるため、皆さん、熱心に学ばれていた。


濱ロ梧陵の偉業のひとつである、広村堤防をボランティアガイドとともに散策する。

研修のあとのお楽しみ。


ボランティアガイド案内による湯浅のまちあるきは大好評だった。

平野区まちづくりセンター

大阪市平野区22地域の地域活動協議会への中間支援組織です。

0コメント

  • 1000 / 1000