2019.3.21 長吉東部 見守り活動情報交換会

真っ赤なジャージは
岡田地域活動協議会会長
長吉東部地域では、連合振興町会・社会福祉協議会・地域活動協議会の3団体が一丸となった「見守り活動情報交換会」が、平野区社会福祉協議会の強力なサポートによって執り行われました。
この情報交換会は、2016.9.29に第1回が行われ、今回で第3回目の開催となりました。
当地域の高齢化率は47%。
そして、平均年齢 53歳・連合加入率 60%、ほぼ公営住宅だけで構成されており、地域内には公営住宅単位で8つの自治会組織(町会)が存在し、うち5町会が連合に参画しています。
また、公営住宅行政の制度上、現状では地域の少子高齢化については、地域の力ではどうすることもできないというのが現実でもある地域と言えます、
しかし、ここ長吉東部地域では、厳しい現実は現実として受け止め、地域の連合振興町会・社会福祉協議会・地域活動協議会がガッツリ連携し、地域課題に立ち向かう「モデル地域」を目指し、区社協をはじめとする「中間支援組織」とも課題解決に向けた積極的な連携に重点を置いて活動されています。
連合振興町会山路会長
下中央は、橋野社会福祉協議会会長。

地域の皆さんの情報力がいかに凄いかを痛感させられた、今日の情報交換会でした!

平野区まちづくりセンター

大阪市平野区22地域の地域活動協議会への中間支援組織です。

0コメント

  • 1000 / 1000